最新情報
豆R&D
豆クッキング
豆の種類
豆の栄養性
豆の生産から消費まで
豆の栽培
豆データブック
豆ライブラリー
豆フォトライブラリー
Q&A
リンク集

協会情報インデックス業界情報インデックス統計情報インデックス

HOME > 最新情報 > 協会情報インデックス > 協会情報

協会情報
2006/9/17:「2006ニュー豆料理 プロフェッショナル選手権」の受賞作品が決定されました。
 (財)日本豆類基金協会主催、農林水産省後援により、「2006ニュー豆料理 プロフェッショナル選手権」が開催され、その受賞作品が決定されました。
 
 同選手権は、外食・中食産業における関係者の豆・豆料理に関する意識の高揚を図るとともに、豆料理の普及を通じた豆の消費拡大を図るため、2003年から毎年開催されているプロ料理人を対象とした本格的な豆料理コンテストです。

 第4回目となる今回は、「豆料理部門」及び「デザート部門」の2部門で、7月初旬から8月中旬にかけて作品を募集し、それぞれ49作品、24作品、合計73作品の応募がありました。これらの中から、8月28日(月)に実施された書類審査による第一次審査により10作品が選抜され、9月17日(日)に女子栄養大学(東京都豊島区駒込)において開催された実技審査による最終審査会において、下記のとおり各賞が決定されました。

 なお、審査委員を務められたのは、我が国の料理界を代表するシェフ及び豆類の専門家である次の方々です。
審査委員長/嶋村光夫(フランス農事功労章受章者協会 会長)
審査委員 /中村勝宏(ホテル メトロポリタンエドモント 名誉総料理長)
審査委員 /興 十郎(柿安本店 総料理長)
審査委員 /藪 光生(全国豆類振興会 広報PR委員長(全国和菓子協会 専務理事))

グランプリ(各部門1作品)
部 門 豆料理部門 デザート部門
作品名 白インゲン豆と冬瓜の冷製スープに
そら豆のフランとレンズ豆のガレットを添えて
フェーヴ フェーヴ フェーヴ
作 者 竹下 公平 渡部 人美
勤務先 浦和ロイヤルパインズホテル(埼玉県) ホテルグランビア大阪(大阪府)
画 像 白インゲン豆と冬瓜の冷製スープにそら豆のフランとレンズ豆のガレットを添えて フェーヴ フェーヴ フェーヴ
作  者
コメント
 スープ、フラン、ガレットのそれぞれに豆を使用しているが、味、食感が異なる。スープは、白インゲン豆だけではどうしても重い感じが抜けないため、癖がなく、味が甘くならない冬瓜を組み合わせた。また、スープがどうしてもビシソワーズのような味になってしまうため、大葉のピューレを添えることによりアクセントを加えた。  虎豆とココナツのグラニテ、小豆のスフレ、白インゲン豆と抹茶のアイスクリームを組み合わせることにより、温度差や食感の違いが楽しめる。あつあつのスフレは、洋風だと思って食べると、中から「餅入りぜんざい」が出てくるという驚きがある。豆のゆで加減や豆と周囲の食材との甘さ、硬さのバランスに注意を払った。


準グランプリ(各部門1作品)
部 門 豆料理部門 デザート部門
作品名 4種類の豆の煮込みとフォアグラのテリーヌ
ビーツ入りラビゴットソース添え
白インゲンと大納言のカネロニドルチェ
パッションフルーツの泡ソース
作 者 山田 宏樹 伊藤 隆志
勤務先 浦和ロイヤルパインズホテル(埼玉県) レストラン ポンヌフ(千葉県)
画 像 4種類の豆の煮込みとフォアグラのテリーヌ ビーツ入りラビゴットソース添え 白インゲンと大納言のカネロニドルチェ パッションフルーツの泡ソース
作  者
コメント
 白いんげん豆、虎豆、ひよこ豆、レンズ豆と4種の豆を使い、ラビゴットソースには色鮮やかなビーツを入れた。淡泊な豆に濃厚なフォアグラを合わせ、酸味のあるラビゴットソースでまとめた。  豆のホックリ感を生かした豆づくしのデザート。温かいカネロニと冷たいソースの温度差もインパクトがある。生地に豆風味を生かし、具にはドライフルーツと豆を合わせ複雑な味にしている。


入選(豆料理部門4作品、デザート部門2作品)
部 門 豆料理部門 豆料理部門
作品名 無農薬レッドキドニービーンスど秋刀魚のリエット
無農薬のヒヨコ豆のポタージュ エスプレッソ風味
うずらとレンズ豆のハーモニー
白いんげん豆のピューレを添えて
作 者 飯島  淳 宮寺 弘道
勤務先 調布クレストンホテル(東京都) 品川プリンスホテル(東京都)
画 像 無農薬レッドキドニービーンズと秋刀魚のリエット 無農薬のヒヨコ豆のポタージュ エスプレッソ風味 うずら豆とレンズ豆のハーモニー 白いんげん豆のピューレを添えて
部 門 豆料理部門 豆料理部門
作品名 ひよこ豆のガレット〜白いんげん豆とチョリソーのソースで〜 3種の豆サラダと共に 豆と豚肉の煮込み ロールキャベツ仕立て
豆のフィーアンティーヌ添え
作 者 君島 英二 渡邉 崇洋
勤務先 ホテル日航東京(東京都) ブリジストンビジネスホテル(東京都)
画 像 ひよこ豆のガレット〜白いんげん豆とチョリソーのソースで〜 3種の豆サラダと共に 豆と豚肉の煮込み ロールキャベツ仕立て 豆のフィーアンティーヌ添え
部 門 デザート部門 デザート部門
作品名 あずきのチョコレートムースと白インゲン豆ムースピラミッド
仕立て 抹茶のアングレーズソース トラ豆のアイス添え
二種の豆と和三盆のバリエーション
ブラマンジェ、グラス、チュイルにして
作 者 小泉 臣央 宮里 耕太
所 属 浦和ロイヤルパインズホテル(埼玉県) 名古屋東急ホテル(愛知県)
画 像 あずきのチョコレートムースと白インゲン豆のムースピラミッド仕立て 抹茶のアングレーズソース トラ豆のアイス添え 二種の豆と和三盆のバリエーション ブラマンジェ、グラス、チュイルにして
 注:同じ賞の中での掲載順は、部門別に応募時の受付順によっています。
 
 
Copyrights:(c) 2005 (公財)日本豆類協会 All Rights Reserved.


豆類基金 (財)日本豆類協会について サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ