最新情報
豆R&D
豆クッキング
豆の種類と特性
豆の栄養性
豆の生産から消費まで
豆の栽培
豆データブック
豆ライブラリー
豆フォトギャラリー
Q&A
リンク集


HOME > 豆R&D > 平成23年度調査研究課題及び成果概要

豆R&D
平成23年度に実施した調査研究課題及び成果概要を公表します。
【平成23年度 調査研究課題及び成果概要】
調査研究課題名 研究機関・代表者 成果概要
(PDF)
汚粒大納言小豆を使った付加価値新食品の提案 京都府立大学大学院生命環境科学研究科
准教授 松井元子
469KB
新規食品機能成分としての豆類スフィンゴ脂質特性の解析 京都大学大学院農学研究科
准教授 菅原達也
197KB
胎生期低栄養に起因する糖尿病の小豆ポリフェノールによる予防効果の検討 青森県立保健大学健康科学部栄養学科
教授 佐藤 伸
212KB
エネルギー代謝の鍵分子制御に関与する雑豆成分の検討と豆料理を想定した成分の併用効果 中部大学応用生物学部食品栄養科学科
准教授 津田孝範
140KB
小豆における地域ブランド戦略の現段階と課題に関する実証的研究 弘前大学農学生命科学部
准教授 石塚哉史
154KB

 
Copyrights:(c) 2005 (公財)日本豆類協会 All Rights Reserved.


豆類基金 (財)日本豆類協会について サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ