最新情報
豆R&D
豆クッキング
豆の生産から消費までと特性
豆の栄養性
豆の生産から消費まで
豆の生産・輸入
豆の種類別特徴
豆の生産から消費まで
豆の栽培
豆データブック
豆ライブラリー
豆フォトライブラリー
Q&A
リンク集


HOME > 豆の生産から消費まで > 豆の消費

豆の消費

1 用途別消費割合  2 1人1日当たり消費量
1 用途別消費割合
 主要な用途別の消費割合をみると、雑豆全体では約6割が餡の原料として利用され、菓子、煮豆、煎豆の原料として利用される割合は、それぞれ1割程度となっています。この他に、主に乾燥豆として流通し、家庭や料理店等の料理用などに使われる豆がありますが、その割合は1割程度となっています。

 豆の種類別にみると、用途の割合はかなり異なっています。小豆やいんげんまめは、大部分が餡・菓子の原料として利用されています。

 いんげんまめの場合は、煮豆の原料としての割合も多いのが特徴ですが、種類によっても使われ方に違いがあり、北海道産の場合、金時豆は2分の1が煮豆の原料となる一方、手亡はほとんどすべてが餡・菓子の原料となっています。

 えんどうやそらまめは、煎豆(フライビーンズ)としての利用割合が多いのが特徴です。
雑豆の用途別消費割合
注:農林水産省資料から作成した推計値。

←前ページに戻る 次ページへ→

ページの先頭へ戻る▲
 
Copyrights:(c) 2005 (公財)日本豆類協会 All Rights Reserved.


豆類基金 (財)日本豆類協会について サイトポリシー サイトマップ お問い合わせ